POSレジシステムの導入で業務の効率化や生産性の向上を図ろう

SITEMAP

POSレジ

POSレジ導入で消費税法の改正や新会計基準にも速やかに対応可能!

レジを打つ店員

現在、さまざまな業界で大きな問題となっているのが消費税法の改正です。消費税が現行の8%から10%に引き上げられるだけでなく、軽減税率の導入など既存のレジシステムでは対応できないケースもあります。特に飲食サービスにおいては、軽減税率による影響度合いは低くはありません。そこで飲食POSレジを導入し、消費税法の改正や軽減税率に対応しませんか?
POSレジの導入により差し迫っている軽減税率への対応だけでなく、将来的な問題も解決できます。今後も消費税法が改正される可能性はあり、クラウド型のPOSレジならインストールされているソフトウェアで自動的に対応してくれます。結果としてPOSレジを導入することで軽減税率について詳しく学ぶ時間がないという場合でも速やかに対応が可能になります。また、POSレジの導入は消費税法の改正に素早く対応できるだけではありません。2021年4月には新会計基準として「収益認識に関する会計基準」が原則適用され、非常に難解な基準となっています。この会計基準は外食産業における影響度も高く、会計システムや財務システムの改修も必要になる可能性があります。しかし、高機能なPOSレジはこれらの会計基準の適用も迅速に対応でき、公認会計士のサポートを受けられるサービスもあります。現行のレジシステムが老朽化しているなら各種法律改正や新会計基準が適用されるPOSレジを選択しましょう。

Choices Contents

タブレットを持った店員

タブレット型POSレジならメニューレイアウトも自由自在

メニューのレイアウト変更は、売上アップを行う販促効果が少なくはありません。売り出したいメニュー…

レジ

飲食店のグローバル化にPOSレジを導入しよう

これまで、多くの飲食店経営者は日本人をターゲットにした経営を行うのが一般的でした。しかし、近年…

タブレット

POSレジに移行するときの注意点

今や常識になりつつあるPOSレジ。今では様々なサービスがしのぎを削っています。この記事…

レジを打つ店員

POSレジ導入で消費税法の改正や新会計基準にも速やかに対応可能!

現在、さまざまな業界で大きな問題となっているのが消費税法の改正です。消費税が現行の8%から10…

TOPへ