POSレジシステムの導入で業務の効率化や生産性の向上を図ろう

SITEMAP

POSレジ

イベント時の野外販売はPOSレジを使えば売上管理を本部でできる

POSシステム

イベントで野外販売を行う飲食店は少なくはありません。しかし、店舗とは異なりPOSレジを使用できないことから売上管理は、イベントが終了してから手作業で行う必要があると考えていませんか?ですが、最新の飲食POSレジでは屋外でも、ネットワークを用いることができ、売上管理や在庫管理を本部で一括管理することができます。
POSレジは、高速通信が可能な光回線だけでなく、モバイルルーターを使用したネット通信にも対応しています。売上情報はPOSレジから管理サーバーに送信されるため、イベント終了後に集計作業を行う必要もありません。また、野外イベントで心配なのは、売上が好調にも関わらず、食材や飲み物の在庫切れが発生してしまうことです。接客が繁忙となる野外販売において、POSレジを導入すれば本部から追加の食材や飲み物を速やかに手配することができます。結果として販売機会を失うことがなくなり、売上を伸ばすことができます。さらに野外イベントにおいて参加者が感じる問題として、手持ちの現金が不足するという点です。現金取引が一般的な野外販売では、営業機会を失うことになるものの、ネットワークに接続されたPOSレジであればクレジットカードや電子マネーによりキャッシュレス決済に対応することができ、手持ち現金が不足しお客さんが購入を諦めるといった問題を解決できます。

本部でデータ管理ができるPOSレジで業務改善と在庫適正化

店舗の運営管理を各店舗の管理スタッフに任せて、週単位や月単位での報告といったシステムを採用していませんか?一見すると管理ができているように感じられるものの、実際には本部側でのリアルタイムな経営判断が行われる、各種機会の損失や無駄が生じる原因になっている可能性があります。そこで、ネットワークを利用した最新の飲食POSレジを導入して経営判断をタイムリーに行えるようにしましょう。
店舗運営上、間違いがちなのが業務効率の改善です。POSレジを導入することで、セルフオーダーや清算業務の効率化ができ、無駄な労務コストが生じないと思いがちです。しかし、実際にはスタッフがいるだけで労務コストが生じています。POSレジの管理機能には売上分析を曜日や時間帯で行うことができ、本部で一括管理を行うことができます。スタッフが余っている状態の店舗から労働力が不足している店舗への適正な人員配置が可能になります。さらにPOSレジは在庫管理を行うことができ、店舗内で不動在庫化しかけている食材や飲み物を各店舗で再配分することができます。在庫の適正化により無駄な売上原価が生じないだけでなく、食材ロスや廃棄にかかるコストも見直すことができます。まずは、チェーン店系の飲食店は飲食POSレジをネットワーク連携させて無駄を分析してみましょう。

飲み放題や食べ放題の負荷軽減にPOSレジを導入しよう

今や消費者は飲食店を選ぶ際、飲み放題プランがあるかや食べ放題プランがあるかを検討条件にします。しかし、飲み放題ともなるとひっきりなしに注文を受けることになったり、焼き肉などの食べ放題ともなると一度に大量の注文も受けます。そのような業務負荷を飲食POSレジを導入して解決してみませんか?
POSレジ導入のメリットは、スタッフを介さずにセルフオーダーできるという点です。飲み放題プランであれば備え付けのタブレット端末から注文ができ、同じメニューを大量に注文する際には数量を入力するだけです。厨房にリアルタイムで情報伝達がされるため、提供までの時間短縮が可能です。さらに焼き肉などの食べ放題プランならスタッフが注文を取りに来ないといったクレームをPOSレジで防ぐことができます。セルフオーダーのPOSレジは、店舗側のメリットだけでなく利用者にも大きなメリットが生じます。
また、POSレジは在庫管理機能もあり、提供予定数に達した際には自動的に「soldout」「売り切れ」と表示することができ、厨房に確認したり、在庫を確認するといった手間も解消されます。
その他にも、飲み放題プランや食べ放題プランになると原価管理も重要となり、人件費の削減も必要になります。そのような場合にも、飲食POSレジの導入により効率化や損益計算の自動計算ができ、利益がマイナスのまま提供してしまうことも避けられます。


難しいことが簡単になり、不正などを一切させない環境を作ってくれるposレジはスタッフの出勤状況の管理や、給与の計算も行ってくれます!

Choices Contents

タブレットを持った店員

タブレット型POSレジならメニューレイアウトも自由自在

メニューのレイアウト変更は、売上アップを行う販促効果が少なくはありません。売り出したいメニュー…

レジ

飲食店のグローバル化にPOSレジを導入しよう

これまで、多くの飲食店経営者は日本人をターゲットにした経営を行うのが一般的でした。しかし、近年…

タブレット

POSレジに移行するときの注意点

今や常識になりつつあるPOSレジ。今では様々なサービスがしのぎを削っています。この記事…

レジを打つ店員

POSレジ導入で消費税法の改正や新会計基準にも速やかに対応可能!

現在、さまざまな業界で大きな問題となっているのが消費税法の改正です。消費税が現行の8%から10…

TOPへ